Blog

Google DriveーGoogleの利用規約が話題になっていますが...

2012年4月28日 Creatorsトーク,レビュー

Googleがサービス開始した「Google Drive」は、Windows、Mac、Android端末から、無料で5GB利用できるストレージサービス。
Googleが提供している「Gmail」や「ドキュメント」「YouTube」といったサービスと連携して、高度な検索機能とドキュメントの共同編集、ファイルのバージョン管理ができるうえ、デザイナー御用達のAdobe illustratorとphotoshopデータの保存・ブラウザでの閲覧もできるのが「おっ。」と思いました。

Google Drive1

 

Google Drive2

さっそくMacにインストールしてみると、使い勝手は「Drop Box」のよう。
これは便利!と思っていたら、ネット上では「Google Driveの利用規約がヤバ過ぎる」「異常すぎる利用規約」という記事が。
Google Driveにデータをアップロードすると、Googleに対して、使用、保存、複製、変更、派生物の作成、送信、出版などを行うための全世界的なライセンスを付与することになる。こわい!仕事の機密データはアップロードしちゃマズイ!ということらしい。

まぁ、待って。こういう記事を読んで脊髄反射する前に、まずはちゃんとGoogleの利用規約を読んでみましょう。「〜すぎる」という煽りの記事は、あんまり信用ならんので。
ちなみにGoogle Driveだけの利用規約というものはなくて、最近変更された「Googleが提供するサービス」全体の利用規約になります。
問題にされている部分を下記に引用します。

本サービス内のユーザーのコンテンツ

本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。このライセンスは、ユーザーが本サービス(たとえば、ユーザーが Google マップに追加したビジネス リスティング)の利用を停止した場合でも、有効に存続するものとします。本サービスの一部では、ユーザーがそのサービスに提供したコンテンツにアクセスし、それを削除する方法が提供されることがあります。さらに本サービスの一部には、そのサービスに提供されたコンテンツの Google による利用範囲を狭める規定または設定があります。本サービスに提供するコンテンツについて、このライセンスを Google に付与するのに必要な権利を保有していることを必ずご確認ください。

冒頭、つまりこの項目で一番優先度ある情報とみられる一文から、まずはGoogleがアップロードされたコンテンツを、勝手に自分の知的財産権にしちゃうということはない、ということが分かりました。

〈引用〉「本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツを提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。」〈引用ここまで〉

そして、問題の核となるユーザーがアップロードしたコンテンツをGoogleが利用することについては...

〈引用〉「このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。」〈引用ここまで〉

と、規約的には、利用の範囲が限定されています。ここでプロモーションという項目が引っかかる点です。Googleが勝手に自分のデータをプロモーションに使うことはあるのでしょうか?

〈引用〉「さらに本サービスの一部には、そのサービスに提供されたコンテンツの Google による利用範囲を狭める規定または設定があります。本サービスに提供するコンテンツについて、このライセンスを Google に付与するのに必要な権利を保有していることを必ずご確認ください。」〈引用ここまで〉

この部分が分かりにくい。でもGoogle側の利用をユーザーが制限できることを書いていると思います。いくつかの関連記事に目を通すと、「wired」の記事で、次のように解説されていました。

初期設定で(友人にのみ公開するなどの)プライヴァシー設定を施したファイルはそのように扱われることが利用規約から読み取れるので、Google社がユーザーの個人ファイルをバナー広告としてインターネット上にばらまくようなことはなさそうだ。ただし、Google社のどれかのサーヴィスでファイルを一般公開すれば、理屈の上ではプロモーションの材料として利用されてしまう可能性がある。

ファイルをネット上で「一般公開」する行為は、Googleに限らずある意味「オープンソース化」を認める行為だというのを認識しましょうってこと。でなければきちんとプライバシー設定を行って利用しましょうと。
逆に言えば、Googleの検索サービスで表示の上位を狙うSEOのように、あえて「公開」することで、Googleのなんらかのプロモーションに自作のデータを使ってもらうのを狙う手もありますね。宝くじにあたるよりも確率が低いと思いますが。

Googleの利用規約が特殊だってことは、ヤバイかどうかは別として、読んでみると分かります。
サービスの核でもある検索に限っても、検索結果に出るページのサマリーや画像検索結果は、コンテンツの二次利用によって成立しているサービスです。「Facebook」に対抗している「Google+」、動画サービスとして確固たる位置にある「Youtube」、フリーで利用できるWord、Excel、PowerPointのような「ドキュメント」そしてほぼ公共的情報ともいえる「Google Map」などなど。
ブラウザでできるあらゆることを包括した巨大すぎる存在の「Google」が、サービス間のシームレスな使い勝手と検索性、データの共有で横断的な決まり事が必要だったことはわかります。が、正直わかりにくいです。

まぁ一応、仕事の機密データは、「Google Drive」にアップロードしないようにします。
そもそもクラウドサービスに業務上のデータをアップロードして共同作業することは、現時点では行ってません。


ところでこの記事のはじめに書いた、「Google Drive」がAdobe illustratorとphotoshopにも対応しているって、ほんとに?というのを試してみました。

Google Driveではイラレデータは閲覧できる

ヒカリノアジト2012-Photoshopデータ

Google DriveではPSDは開けない

結果、illustratorデータは、ちゃんとブラウザ上で表示できます。PDF化されたデータを閲覧している感じですね。
そしてphotoshopデータ。こちらは、アップロードできますが、ブラウザ上での閲覧はできませんでした。レイヤーがたくさんある350dpiの重たいデータだからかと、72dpiのレイヤー統合したPSDデータにしてみましたが、やっぱり表示できませんでした。まだ機能が完全じゃないのかな。
Adobe系データは、「Adobe Creative Cloud」でないとですか。

 

※サンプルでアップロードをしている「ヒカリノアジト」は、TZKが個人的に協力している「STREET DANCE LIVE!」です。一般公開設定はしていませんが、むしろ世間に知ってもらいたいので、サンプルとして使用しました。

 


written by TZK:アートディレクター

※この記事内容はTZK個人の見解・意見であり、所属する組織の公式見解ではありません

コメント

コメントを書く

  1. 01

    Posted by 匿名 2015年1月27日 17:18

    googleの手先かよwwwwwwwwwwwww

  2. 02

    Posted by TZK 2015年5月10日 22:51

    匿名さんへ
    3年前の記事にコメントをありがとうございました。
    手先と思えるほど記事稿っぽく感じていただけたなら、本望でございます。

  3. 03

    Posted by   2017年6月 8日 10:31

    最近存在を知った自分としては、この記事はとても有効です。
    特に規約の要点が知りたかったので助かりました。

コメントをどうぞ